marinote

ブログ作りやゲームのこと、トイぷーのことを書いています。

犬だけでお留守番させるときに注意していることは?エアコンはつける?

この記事では犬だけでお留守番をするときの事を紹介します。

 犬だけでのお留守番って不安ですよね。

特に夏は犬の熱中症に気を付けたいです!

 

 

 f:id:marinote:20180809103528j:image

 

犬のお留守番の必需品!

犬だけでお留守番をさせる時は、ケージに入れます。犬専用の部屋があるお家はそれが一番犬にとって快適なのかもしれませんが、だいたいのご家庭ではそうもいかないはずですよね?お留守番にはケージがおすすめです。ケージとは、オリです。入り口に簡単な鍵がかかるようになっています。ケージには、いつでもお水が飲めるように水飲み器を取り付けるのがおすすめです!

我が家では2匹飼っているので、ケージは2つあります。一応、2匹分を用意しているのですが、お留守番のときはいつも2匹は同じケージに入って体をくっつけて寝ます。それぞれのケージに入れるとなぜかずーっと吠えてしまうので、いつも同じケージでぎゅうぎゅうです。

ケージに入れないと、部屋をめっちゃくちゃにされるかもしれませんよ~

犬のお留守番~夏~

夏のお留守番のときは、必ず、エアコンをつけていきましょう!冷えすぎてもダメですが、エアコンなしでは犬は相当暑いと思います。毛でおおわれていますし。

我が家ではエアコンの温度は26度くらいにしてでかけています。さらに、扇風機をつけて、部屋の空気を循環させます。夏でも敷物を欲しがるのでケージのなかに敷いてあげてます。

暑いのきら~い!

犬のお留守番~冬~

犬だけのお留守番、冬の時もとても寒い日にはエアコンをつけていきましょう。設定温度は20度くらいがおすすめです。ストーブは危ないのでお留守番のときのつけっぱなしは絶対ダメです!

我が家では2匹がくっつきあってお留守番をしているのでエアコンをつけないで行くことが多いです。ケージの中に、毛布のような敷物をしいたり、クッションを入れたりして調節しています。窓側にケージを置くと、隙間風が入って寒いので部屋の真ん中寄りに置いたりします。短時間のお留守番の場合は日向にケージを置いたりもします。

ぽかぽか日向ぼっこすき~

おわりに

ご家庭ごとやりかたに違いはあると思いますが夏も冬もエアコンはおすすめです!特に夏は犬も熱中症になることがあるので注意したいですね!