marinote

ブログ作りやゲームのこと、トイぷーのことを書いています。

【シニア犬・老犬】トマトをおやつに食べさせています

この記事では愛犬のおやつについて紹介します。
今回は「トマト」です。
犬もトマトを食べて大丈夫でした!

f:id:marinote:20181204164213p:plain



 

愛犬がトマトを食べてもOK!

人間も美容に良いトマトですが、犬にはどんな効果があるのか調べてみました。
トマトに含まれているリコピンには活性酸素を除去する働きがあるそうです。
そのほかに、ビタミン、ミネラルも豊富で老犬にも良さそうです。
ただし、熟していない青いトマトは有毒なアルカロイドという成分が含まれているそうなので家庭菜園などされている方は注意しましょう。

トマトの主な成分

トマトの主な成分

・水分
90パーセント以上が水分でできているようです。

リコピン
強い抗酸化作用があるので愛犬の老化予防に最適です。
ガンの予防にも効果があるそうです。

・ビタミンA

・ビタミンB1、B2

カリウム
身体の余分な塩分を排出してくれる働きがあります。
たくさん食べると過剰摂取となってしうので
肝臓や腎臓が悪い愛犬には注意が必要です。

マグネシウム

・カルシウム

などなど、ほかにも食物繊維や鉄分も!


トマトを食べさせるときに注意すること

愛犬にトマトを食べさせるときに注意すること

完熟していない青いトマトやヘタには「アルカロイド」と呼ばれる
有毒な成分が含まれているので食べないようにしましょう。
アルカロイド」はジャガイモの芽と同じ成分のようです。

はじめて食べさせるときは少量からがおすすめです。
食べすぎはお腹を壊す恐れがあります。

アレルギーがでる可能性もあるようですので
注意してあげてくださいね。

うちのトイぷーの場合

我が家では10歳と8歳のトイプードルを飼っています。
うちのトイプードル2匹はトマトも好きなようです。

あげる時には、外側の皮の部分や果肉部分をあげています。
中の種のところにも栄養がある事は知っていますが、
消化できるのか不安なのでうちではあげていません。
中身のところもあげて問題はないそうです。

食べさせている量はトマトの大きさにもよりますが、ミニトマトで換算すると
1匹でミニトマト1個~1個半くらいあげています。
小さく切ってから食べさせています。

たまに食べさせる程度です。 

おわりに

トマトに含まれているリコピンは加熱すると吸収が良くなると言われているので、老犬への免疫力アップが見込めるかもしれません。
トマトのスープにして食べさせてもよさそうですね!
老犬の水分補給にもよさそうです。