marinote

ブログ作りやゲームのこと、トイぷーのことを書いています。

【シニア犬・老犬】おやつに豆乳を飲ませています

この記事では愛犬のおやつについて紹介します。
今回は「豆乳」です!
豆乳は美容と健康に良いイメージですが
犬にはどうなのでしょうか。 

f:id:marinote:20181204163901p:plain



 

愛犬に豆乳を飲ませても大丈夫?

豆乳について調べると、飲ませない方が良いですよという内容と、
栄養が豊富で飲ませると良いですよという内容がありました。


愛犬へ豆乳を飲ませない方がいい理由と飲ませると良い理由

飲ませない方が良い理由

・大豆サポニン
脂質を壊してしまう性質のため腸に炎症を起こしてしまう事があります。

・レクチン
腸にくっつく成分のため、下痢や炎症の原因となります。

フィチン酸
ミネラルを吸着して吸収阻害を起こすためミネラルバランスを崩して栄養不良になる可能性があります。


飲ませると良い理由

・大豆たんぱく
三大栄養素のひとつで植物性のタンパク質が摂取できます。

イソフラボン
抗酸化作用、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進します。

・大豆サポニン
抗炎症作用、がん細胞増殖抑制、活性酸素除去の効果があります。

・レクチン
身体の細胞膜を構成し生理機能、神経伝達を助ける効果があります。

オリゴ糖
腸内環境を整える効果があります。

ほかにもビタミンB、ビタミンE、不飽和脂肪酸マグネシウムなどの成分が入っているようです。


豆乳をあげるかあげないかは
飼い主さん次第です。

愛犬へ豆乳飲ませる時に注意すること

愛犬へ豆乳をあげるときには成分無調整豆乳を飲ませましょう。
無調整豆乳は大豆と水だけでできています。
調整豆乳や豆乳飲料には大豆と水、以外にも
飲みやすくするために砂糖などの調味料や香料も含まれていますので
愛犬には無調整豆乳がおすすめです。

初めて飲ませる場合にはティースプーン1杯を目安にあげてみてください。
たくさん飲ませると下痢の原因になります。
腎臓に病気の愛犬にはおすすめできません。

また、大豆アレルギーがある愛犬はアレルギー症状が出る可能性があるのでおすすめしません。

うちのトイぷーの場合

我が家では10歳と8歳のトイプードルを飼っています。

うちの2匹はとても豆乳が好きです🎵
あげる量は豆乳だけを少しあげたり、ドッグフードにかけて
食べさせたりもしています。
2匹とももっと欲しがるのですが、少しだけにしています。
豆乳が原因と思われる下痢や嘔吐は今のところありません。

シニア犬に近づいているので少しでも老化のスピードを
落とせないかと思い、ドッグフードの他にも
健康にいい食材をさがしています。

おわりに

豆乳にかかわらず、食べ物はいろいろな成分の栄養をとることができます。
それを飼い主さん自身で選択することになります。

どんな食べ物でも摂りすぎが健康に良くないことは知られています。

情報が簡単に手に入る時代なので情報に依存しすぎず振り回されずに
飼い主さんが判断して摂っていきたいですね。




にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村