marinote

ブログ作りやゲームのこと、トイぷーのことを書いています。

【シニア犬・老犬】【犬のおやつ】ヨーグルトを食べさせています

この記事では愛犬のおやつについて紹介しています。
ヨーグルトは私たち人間も食べているものの一つですよね。
犬も食べて大丈夫な食材です。
食べさせる量に気をつけて一緒に腸内環境を整えましょう🎵

f:id:marinote:20181204163314p:plain

 

 

犬にヨーグルトをあげても大丈夫!

ヨーグルトは犬にも人間にも腸を整えるのに最適です。
人間と同じように、下痢や便秘の改善に役立ちます。

腸内環境を整えて活性化させると身体も元気になります。

似ている食品として牛乳があります。
牛乳には乳糖という成分が含まれていて、これを
犬は成長とともに分解しずらくなるようです。
そのため牛乳を飲むと下痢になる犬もいるそうです。
ですので牛乳はあまりおすすめしません。
ペット用として売られている牛乳でしたら大丈夫かもしれません。

愛犬がヨーグルトを食べるといいこと

愛犬がヨーグルトを食べるといいこと
・発酵食品なので消化の吸収がとてもよくなります。
お肉中心のドッグフードの消化にも効果的です
・口臭が抑えられます
・下痢や便秘の改善が見込めます
・免疫力アップで皮膚状態の改善も見込めます
毛艶アップにもなるかもしれません。
・便の臭い軽減になります。

愛犬へヨーグルトを食べさせるときに注意すること


愛犬にヨーグルトを食べさせるときに注意することは
体質に合っているか分からないので少ない量から食べさせることがポイントです。
体質に合わなかったり、お腹の弱い子は下痢になってしまうこともあります。


目安は体重5㎏に対して小さじ2杯くらいです。
食欲がない愛犬へごはんに混ぜて食べさせれば
いつもより食いつきがよくなるかもしれません。

砂糖のはいっていないものを選んで食べさせましょう。
砂糖が入っていると肥満の原因になります。

市販のフルーツ入りのヨーグルトも犬にとって危険なフルーツのエキスが
入っている可能性があるのであげないようにしましょう。
無糖のヨーグルトにリンゴを入れて食べさせたりすると
とっても喜ぶかもしれません。

体質やその犬によってちょうどいい量があると思いますので様子を見て調整しましょう。

うちのトイぷーの場合

我が家では10歳と8歳のトイプードルを飼っています。

特にお腹が弱いわけではないのですが、うちの犬にヨーグルトを
初めてあげるときは少し心配しました。
でも心配することも全くなく、ペロリとおいしそうに
平らげたので、うちの犬には合っているんだと思います。

小分けのプレーンヨーグルトを食べる時には、犬2匹の分を最初にとりわけてから
私が残っている大半に甘みをつけてから食べています🎵

愛犬と同じものを食べれるって嬉しいですよね。


おわりに

愛犬もヨーグルトを食べて大丈夫です!
体質にあったヨーグルトを食べればシニア犬、老犬も
免疫力アップが見込めますし、口臭の軽減にもなるそうです。
初めての場合は少なめから試してみてください。

色々なヨーグルトが売られています。
体脂肪0や乳酸菌の種類もさまざまありますので
愛犬と飼い主さんでたくさん試してみてください🎵