marinote

ブログ作りやゲームのこと、トイぷーのことを書いています。

愛犬へブドウを食べさせない方が良い理由

この記事では愛犬にブドウは食べさせない方が良い理由
について書いています。
飼い主さんがブドウを食べる時には愛犬にねだられても
食べさせないことをおすすめします。
  

f:id:marinote:20181204162601p:plain



 

愛犬へブドウを食べさせない方が良い理由

愛犬がブドウを食べてしまうと、中毒症状がでてしまったり、
急性腎不全を起こす可能性があるといわれています。
原因は分かっていないそうですが、海外では死亡例もあるそうです。

少しなら大丈夫と思うかもしれませんが、
絶対に与えてはいけない玉ねぎやチョコレートと同じように
ブドウも食べさせない方が安心です。

愛犬だけでお部屋にいる時など、テーブルの上に出しっぱなしに
するのは愛犬がいたずらをする可能性があるので置き場所に気をつけましょう。

また、レーズンなどの加工品も同じように食べさせると
中毒症状がでる恐れがあります。
糖分もたくさん含んでいるのでいたずらされない場所への保管をおすすめします。

ブドウを食べるとどんな症状がでるの?

愛犬がブドウを食べて症状が出る場合、
・下痢や嘔吐
・元気がなくなる
・お腹が痛くなる
などの症状がみられるようです。

急性腎不全の症状
・嘔吐
・尿の出が悪い、出ない
・水をよく飲む
・食欲がなくなる、など

時間の経過とともに症状も変わってくるようなので
疑いがある場合は動物病院へ行きましょう。

愛犬がブドウを食べてしまったら

愛犬がブドウを食べてしまったら様子を見て動物病院へ相談しましょう。

もともとブドウのアレルギーを持っていたり、愛犬の個体差もあると思いますが
あやまって一粒食べた後、すぐに吐くこともありますし
食べても全然平気な愛犬もいるようです。

中毒症状がでる量として、体重5キログラムの愛犬が
デラウェア1房を食べると症状がでる可能性があると言われていますが
中毒症状が必ずでるのか、それともでないのかは
食べてしまう量が関係しているのかブドウの成分なのか
他に原因があるのか正直分からないのが現状です。

だたし、死亡例もでているので安全とは言えないことは確かです。
私は食べさせないことをおすすめします。


 

海外で活躍~ワインドッグ~

 海外では、ワインドッグという犬がいるそうです。
ワイナリーのブドウ畑で働いている犬で
犬がブドウの収穫時期を決めるという
お仕事をしているそうです。
つまり、犬がブドウを食べて判断をしている
ということになります。

ブドウを食べて中毒がでる原因は分かっていません。
ワインドッグがブドウを食べていることも本当ですし、
ブドウを食べて亡くなった犬がいることも事実です。

 

まとめ

愛犬がブドウを食べると中毒症状を起こす可能性があります。
食べさせたくないもの、いたずらされないものは
愛犬の手の届かないところへ置きましょう。
症状がでたら動物病院へ連れていきましょう。

情報が多いからこそ、愛犬のために
飼い主さんたちが自分の考えで判断してくださいね。





にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村