marinote

ブログ作りやゲームのこと、トイぷーのことを書いています。

【シニア犬・老犬】トイプードル2匹に納豆を食べさせています。

この記事では愛犬へのごはんについて紹介します。
我が家ではドッグフードだけの時もありますが
ドッグフードにトッピングをして食べさせています。
今回のトッピングは「納豆」です。

f:id:marinote:20181204161423p:plain

 




 

愛犬は納豆を食べても大丈夫!

犬に納豆を食べさせると良い点は、便秘解消、ダイエット効果、
カルシウム摂取、血液サラサラ効果などが見込めるようです。
ナットウキナーゼには血栓溶解や血液サラサラ効果があるそうです。
ナットウキナーゼは熱に弱いそうなので加熱せずに
そのまま食べさせるのがおすすめです。

ビタミンB群が豊富で、細胞の成長や再生を助ける働きをするので
犬の皮膚や被毛にもよさそうです。

納豆の主な成分

納豆の主な成分

・タンパク質
大豆の植物性タンパク質を摂取することができます。

・納豆菌
ナットウキナーゼは、ネバネバの部分。血栓を予防できて、
血液をサラサラにする効果があるといわれています。
ナットウキナーゼは熱に弱いそうなので
生のまま食べさせることをおすすめします。

・ビタミンB群
細胞の成長や再生を助ける働きがあります。

カリウム

・食物繊維
腸内環境を整えてくれる働きがります。

マグネシウム
エネルギーの代謝を助けてくれる働きがあります。

・カルシウム
骨や歯にも良いのは愛犬にも嬉しいですよね。

などなど、ほかにも鉄分も含まれているようです。
 

愛犬に納豆を食べさせるときに注意すること

納豆を食べさせるときには量をあげすぎないようにしましょう。

量の目安は、小型犬・中型犬は1パック50グラムの場合、
食べさせるのは1パックの4分の1パック程度が適量です。

大型犬は2分の1程度が目安となります。

一番最初に食べさせるときはもっと少ない方がおすすめです。
おなかが緩くなるかもしれません。

大豆アレルギーがある犬は食べないでください。
納豆はひきわりか、きざんであげると喉につまらなくて安心です。
 

うちのトイぷーの場合

我が家では10歳と8歳のトイプードルを飼っています。

納豆を初めて食べさせた時でも食いつきがよかったです。

つぶつぶのままではなくてひきわりの納豆やきざんで食べさせる方が好ましいようです。
もちろん、タレや醤油などはつけずに食べさせています。
 最近は、ドッグフードにトッピングをして食べさせています🎵
おいしそうにペロリと食べてくれます!

おわりに

納豆には栄養がたくさんあるので人間も積極的に取り入れたいですね!
愛犬用のフリーズドライになっている納豆も売られているようなので
おやつにも食べさせてあげられそうです!

人間も納豆はダイエット効果や美肌効果も期待できますし、
骨粗しょう症認知症の予防は誰もが嬉しい効果ですね。
愛犬と一緒に健康に過ごしましょう!




にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村